今話題の「デルモコスメ(Dermo-Cosme)」をいち早くチェック

   2012/10/15

 

 

デルモコスメって??

デルモコスメとは美容と健康に敏感なフランス発祥の基礎化粧品のこと。
 
皮膚科学に基づく研究により開発された、低刺激で敏感肌の方も使用できる機能性化粧品のことをいいます。
日本のスキンケア事情とは異なり、肌に問題を抱える人が多い欧米では、敏感肌のための皮膚医学に基づく低刺激・高機能スキンケアブランドが充実しています。
つまり、デルモコスメとは、化粧品と皮膚薬の中間、いわば、どちらも兼ね備えた基礎化粧品のことです。
皮膚の表面だけでなく真皮にも医薬品的なスキンケア効果を与えるため、欧米では普通の化粧品店や百貨店ではなくファーマシー(薬局)またはパラファーマシー(調剤をしない薬局)で販売されています。
また、フランスでは皮膚科医が患者さんに薬の処方箋にあたるものをスキンケアについても渡すことがあります。
それらは医師のカウンセリングを通じて販売されており、患者さんは処方箋を持ってファーマシーに行けば、皮膚科医が推奨するスキンケアをスムーズに入手することができるのです。
 
 

デスモコスメ商品ラインナップ3選!

アベンヌ
例えば、日本でもお馴染みの「アベンヌ」は、約270年前に発見された「アベンヌ温泉水」を使ったデルモコスメ。
アベンヌ温泉水には皮膚の上に薄い膜を作り、穏やかに整えて保護しながら肌を安定した状態に導いてくれるケイ酸塩が多く含まれています。
 
ビオデルマ
また、1985年の創立以来、フランスの皮膚科医が最も支持するスキンケアブランドのひとつとなった「ビオデルマ」。
現在はヨーロッパ諸国および南米そしてアジアなど約60カ国でも皮膚科医の信頼を受けています。
 
ユリアージュ
そして、フランス東部ペルドンヌ山脈の麓にある湯治場から生まれた「ユリアージュ」。
少量の塩分を含むユリアージュ温泉水は人間の体液と同じ濃度の浸透圧を持った等浸透圧水(アイソトニック水)のため、角質層にすみやかに浸透し水分を保持します。
 
 
 
現在、スキンケア商品は医療においても重要な要素とされるため、デルモコスメの開発に積極的に取り組む医薬品メーカーも増えています。
私たちも「デルモコスメ」というと、いまひとつ聞いたことのない言葉ですが、結構知っているものやお使い物があったのではないでしょうか?
これからますます話題の商品が出てくることは間違いありません。
 
紫外線や冷房などの影響を受けた肌を、「デルモコスメ」で優しくスキンケアしてみてはいかがでしょうか。
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket