看護師の転職でよくある失敗とは?

 

看護師の転職でよくある失敗とは?


看護師の需要は増えるばかりの昨今です。
常に求人欄には看護師急募の文字が躍っています。
見知った病院に限っては、スタッフの入れ替わりが激しいのかなと深読みしたり。
知り合いにも数人看護師がおりますが、口を揃えて言うのです。「環境が最悪」だと。
就職や転職で失敗したと感じる理由には、待遇の悪さ、募集時に記載してあった条件・契約内容が違う、休みが取り辛い言いだし難い、と言う職場環境や人間関係の不満や不安が圧倒的な原因でしょう。
逆に成功したと思っている看護師の方は、給料が減ってもそれらの面に不満が無いと言います。
給料が倍増しでも人間関係が最悪で劣悪な環境だったとしたら…、「失敗した」に繋がるのです。

引く手数多で有るはずの看護師職。楽しいことよりも辛いことが多いでしょう。
転職を決めたら、失敗をしない。
基本は転職に向けての情報収集にあります。手抜きをしていけません。
お給料はもちろん、交通の便、休日数、シフト、職員の数など。基本的な事以外に実際働いてみる現場の実態はどうでしょう?

転職のよくある失敗のひとつに、現場で使用されている医療器機の問題があるようです。
転職先で使用されている医療器機を知っていますか?
医療の最前線で働くのですから、使い易い最新の物が常備してあった方が心強いです。転職前の病院で使用していた物が全く置かれてないと言うのも困りもの。その点も転職を決める前に調べておかないと自分の首を絞める事になります。使い勝手が悪く、慣れない医療器具が置いてある可能性も十分に有りますので注意です。
調べる方法としては直接問い合わせて良いかと思いますが、転職支援サービスを利用した方が情報量も確かです。
担当者が貴方の代わりに全て病院側へ交渉、職場見学等の相談までしてくれます。 百聞は一見にしかずと言うように、病院の情報を得たら、必ず希望する病院へ足を運んでおきましょう。
現場の雰囲気だけは直接肌で感じてみないとわかりませんから。希望する条件が満ちていても、その場に自分が合わなければ辛いだけです。
一度職場の患者さんと同じ立場で病院に行ってみると、その病院で働く看護師の方々がどう言う気持ちで仕事をなさっているのか、雰囲気も知ることが出来ます。
人生の一大事となる転職です。
転職するからには働けて良かったと心から思える病院に、ぜひ就いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!