女性らしい女性でいるために必要なこと

 

女性らしいと一言で言っても、あまりにも漠然としていてわかりにくいですよね。 「女性らしいって何よ。それって男女差別なんじゃない」 なんていう声も聞こえてきそうです。 女性らしい芸能人は?と聞かれてもすぐには思いつかなかったりもします。 昔からそう言われている人と言えば吉永小百合さんでしょうか。 兎にも角にも、女性らしさをやはり一番判断されるのは、見た目でしょうね。 いくつになっても綺麗でい続けることは容易なこととは言えませんが、とても大切なことです。

 

綺麗と美人は似てるけど違う!

「綺麗」と言っても「美人」ということではありません。 美意識をいつまでも持ち続けていくことが重要なのです。

 

例えば、スキンケアを怠らず、お化粧に対する探究心を無くさずにいればいいのです。 お顔だけではありません。体型を維持することにも努力しなければいけないでしょう。

いつまでも女性らしい体型で居続けたいと思うことが大切なのです。 それでも崩れてしまったとしたら、服装でカバーすることも可能です。 無理をして過度にお洒落をする必要なんてありません。

普段からだらしなくない、小綺麗な服装を心掛ければ良いのです。

 

気が利く女性がモテる?

そして、女性らしさは仕草や、立ち居振る舞いなどからも判断されることだと思います。

ちまたで、よく聞く「肉食系女子」「女性のオヤジ化」なんていうのは、女性らしさからは、程遠いといえます。 サバサバした性格であっても女性らしさを兼ね備えている女性はたくさんいます。 その辺りは履き違えないで下さい。 内面的な女性らしさは、普段からの行いで見えてくるものです。

いつも気配りがさりげなくできていて、ちょっとした時でも気が利く女性は 男性にとっては特に、まさに女性らしい女性だと思われることは間違いないでしょう。他には朗らかで、包容力がある女性は女性の象徴「母」を思い出させてくれると思います。そして女性らしい存在とも言えます。 一般常識や、モラルやマナーが守れることなども大切なことです。

 

自己中心的で、モラルに欠けていて、マナーがなっていない女性は、問題外だと言っても過言ではありません。 また、極端に女性を意識しすぎて、肌露出が多すぎるファッションだったり、過剰なまでに女性っぽく見せようとしたメイクだったり、きつすぎる香水などの香りが漂っていたりするような女性は、女性らしい人とは、決してみなされないと思います。

香りにも気をつけてみよう。

極端過ぎるのです。 肌露出などなくても、女性らしいファッションは多々有りますし、メイクはナチュラルであっても清潔感があれば良いでしょうし、香りは香水などに頼らずとも、ふんわりといい香りがする女性もいるのです。 日頃からシャンプーの香りやお洗濯の洗剤や、柔軟剤の香りなどにも気を配っていれば、通りすがり際に自然に良い香りが漂ってきたりもするようになるのです。

なんだかんだで控えめな大和撫子が人気

一番大切なのは、何事においても控えめであることなのかもしれません。 また、今の女性に欠乏しがちな家庭らしさも大切なことでしょう。 決して家庭は女性だけが守るものだとか、家事は女性が全部するのが当たり前とか、育児は女性の役目だとか、そういったことではりません。 そういった考えはあまりにも古すぎます。

 

今や家事にせよ育児にせよ、男性も参加して当たり前の時代です。 男性にも育児休暇なるものがあるくらいなのですから。 ただ、家庭や家事や育児を任せられる雰囲気を持っているということが重要なのです。 家庭を持ったにも関わらず家庭を顧みないような雰囲気を醸し出す女性は女性らしさなど微塵もないという意味です。 お料理やお洗濯やお掃除を楽しそうにしている姿だったり、子供を優しい眼差しであやしている姿だったりが、想像できる女性であって欲しいということなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket