男性の好みはストレスによって変わる?

   2012/10/12

「より多くの人に好かれたい」という願望はだれしもあるものですね。とはいえ、生まれつきの性格やルックスは、さほど変えようがないのも現実。
 
「自分はこれくらいのものだ」と半ばあきらめに近い気持ちでいる人もいれば、近頃はやりの整形まで考える人もいるかもしれませんね。
 
でも、人の好みは変わるもの、それも同一人物でさえそうだとすれば、「わたしにだってまだまだ見込みはある」という希望がもてますよね。
 

ストレスを感じる時の好み

そこで、こんな研究は婚活中の人に希望を与えてくれるかもしれません。
 
米科学誌プロスワンに掲載された調査によると「精神的ストレスを感じている男性は、太った女性に魅力を感じる傾向がある」ということです。
 
この調査は、18~42歳の白人男性81人を2つのグループに分け、最初のグループは採用面接を受ける役割を与えてストレスの程度を引き上げ、もう1つのグループは別室で待機。その後、両グループにさまざまな体型の女性の写真を見せて、魅力を感じるかどうかを9段階で評価してもらいました。そして、自分が最も魅力を感じる女性と、魅力を感じる女性の中で最も太った女性と最もやせた女性を選んでもらうという方法です。結果、ストレスを与えた方のグループでは、体格指数(BMI)が標準および高めの女性の評価が突出して高かったそうです。
 
加えて、このグループが最も魅力を感じる女性の平均体重は、ストレスなしのグループが選んだ女性に比べて大幅に重いことも判明。また、やせ型の女性に対する評価は両グループとも変わらなかったということです。
 
つまるところ、ストレスを強く感じている男性には太った女性の方が魅力的に見えたということ。これってどうしてなんでしょうね。
 

社会的価値観による影響?

調査は白人男性を対象にしていたので、日本人となると結果に違いが出てくるのかどうかは不明です。ただ、
この調査からわかるように、人の好みは、置かれた状況によって刻々と変わるかもしれないということです。
 
アフリカでは太った女性が好まれ、日本においてはほっそりとやせた女性が理想とされています。さらに、顔立ちにおいても、その時代に人気のある女優さんが基準になったりもします。
 
しばらく経てば、世の中で「理想」とされる体型もまた変わるかもしれないことを考えると、「わたしは太ってるから、結婚は無理」なんて、あきらめる必要はないのです!ストレスにさらされた、癒しを必要としている男性が、あなたからの愛情を待っているかもしれませんからね。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket